近世後期から明治初頭にかけて採掘された銅山で三光銅山ともいう。宝暦10年に開かれ、後に小浜藩主酒井忠与は藩直営の銅山とした。煙害や銅水による被害のため明治8年に休山となる。おおい町野尻。