鯖江市中野町。算額は江戸―大正時代に、数学の問題を作り絵馬のようにして寺社に奉納した物。中野神社の算額は縦71センチ、横139センチ。県内の算額では珍しく極彩色の絵が描かれている。

関連記事
あわせて読みたい