元来、永平寺に参拝する人たちのために門前の茶屋で作られた弁当といわれる。もち米に渋皮をむいたしばぐり(小粒の山栗)とゆで小豆を混ぜ、強火で蒸す。奥越では赤飯にサトイモを入れる「あかまま」も広く食される。

関連記事
あわせて読みたい