大気保全への関心を高めようと、環境庁が1987年8月にコンテストを実施。こと座のベガ、エプシロン、ゼータ星の三角形内に見える星数、等級で選定した。県内では大野、福井、敦賀、小浜の4市が選ばれた。