冬場の保存食として重宝されてきた旧和泉村(現・大野市)の伝統野菜。カブは赤と白があり、霜に当たるほど甘味が増し、葉も軟らかくなる。キャベツや身欠きニシンとのこうじ漬けは祝い事で必ず出される冬季のごちそうの定番。

関連記事
あわせて読みたい