中世後期の山城で若狭町熊川の南西、西山岳から北東に伸びる枝峰に主郭がある。東西側面は急斜面になっており、近江方面への備えとして築城されたらしい。このため小浜を望む西端に出城が造られた。