越前町の大谷寺大長院所蔵。国指定重要文化財。白山信仰の祖とされる泰澄の肖像彫刻。面ぼうや着衣が写実的に表現されている。明応2(1493)年の制作と考えられる。