明治期に脳内の「睡眠物質」の研究に取り組んだ故石森国臣博士の生家で、町有形文化財に指定された。明治期と推定されるが、研究が進んでいない漁村家屋を調べる貴重な資料とされる。坂井市三国町安島

関連記事
あわせて読みたい