小浜市の国分集落に位置し、中心地には国分寺が建つ。昭和47年から発掘調査され奈良時代の国分寺の規模や配置が明らかになった。須恵器(すえき)や陶器、金銅製水煙破片など多数の遺物が出土している。

関連記事
あわせて読みたい