山全体に古墳時代中後期の古墳が分布し、その数は100基以上。山は南頂と北頂に分かれ、北頂付近には横穴式石室の開口した珍しい古墳もみることができる。県指定の史跡。越前市沢、岡本、広瀬町にまたがる。