1901―86年。評論家、近代文学研究者。敦賀市生まれ。坪内逍遙、森鴎外、夏目漱石らについての論考を発表し、多方面の関心と手堅い実証的手法によって文学史家としての地歩を築いた。