1861―1932年。南画家。小浜市生まれ。京都で画法を学ぶ一方、中国画家の筆法、画様を研究、南画に近代的な独自の境地をひらいた。元県立美術館長、重達夫氏の父。

関連記事
あわせて読みたい