1800―78年。臨済宗の僧。おおい町大島の漁師の息子として生まれ、11歳のとき高浜町長福寺で得度。廃仏運動など仏教受難の時期に門下から由利滴水(天龍寺派管長)ら逸材を育てた。