越前町朝日の福通寺にある。奈良時代に泰澄大師が開いたとされ、泰澄自作の正観世音菩薩、千手観世音菩薩がまつられている。彫っているとき、光明が四方に輝き朝日のようであったことが地名の由来になっている。

関連記事
あわせて読みたい