鯖江市西番町。安山岩に仏像を彫刻した市内唯一の磨崖仏で、天神山のふもとに2カ所ある。そのうち1つは、天文15(1546)年に尼僧により造立されたことが分かっており、阿弥陀三尊の典型的な姿が刻まれている。