海岸部に広がる古墳時代後期の土器製塩遺跡。南北50メートル、東西100メートルにわたっており、大部分は現在の集落と重なる。遺構は、はっきりしないが高坏(たかつき)や土師器(はじき)の完形品が出土している。若狭町小川。