大野市の西南に位置。標高884メートル。泰澄大師の開山伝承を持つ山岳信仰の山。大野盆地を見守るようにそびえ「おたけさん」の名で親しまれている。3人の修行尼僧の伝説があり、空から飯が降ってくる話が名の由来とも。