後瀬山の山頂稜線(りょうせん)にある中世末期の山城跡。若狭守護、武田元光の築城。山頂に主郭を置き南北500メートル、東西350メートルにわたって城郭が続く。郭は横矢を射るのに都合のよい形状になっている。小浜市伏原。

関連記事
あわせて読みたい