坂井市丸岡町長崎にある名刹(さつ)。南朝の武将、新田義貞が灯明寺畷で戦死した後、僧侶が遺体を運び込んだ縁で、義貞の墓所がある。明智光秀も不遇のころ、同寺の上人の好意で仮住まいしたという。