鯖江市舟枝町にある老樹。流罪となった親鸞聖人が民家で休息したとき、茶請けに出された焼きグリを教えの証しとして植えたところ発芽し、1年に3度、実がなったという不思議なクリの木。