鯖江市の本山誠照寺所蔵。絹糸で刺繍した縦102センチ、横38センチ。蓮台(れんだい)上に正面を向いて立つ阿弥陀如来が描かれている。制作は室町時代中期と推定される。市指定文化財。