若狭町下タ中集落の北、水田の中に広がる古墳時代―奈良、平安にわたる遺跡。昭和44年に須恵器(すえき)や土師器(はじき)などが出土。集落跡や廃寺跡などが存在したとみられる。