鯖江市本町3丁目。市指定文化財。江戸時代後期の作。大規模な四本柱形式の鐘楼で、柱間は約4.2メートル。細部にケヤキ材を用いた彫刻装飾がバランス良く配置されている。