坂井市丸岡町女形谷の水田の一角に、石碑と小さなほこらがある。地元の伝承によると、後に継体天皇となる男大迹王が、大和朝廷からの使者である大伴金村らと会見した場所とされる。