永平寺町鳴鹿と東古市間の九頭竜川に架かり長さ133メートル。1875年に福井市の舟橋が木橋となり不用の舟、20艘(そう)ほどで舟橋を架設したのが最初。後にケヤキ柱使用のつり橋となった。現橋は1964年に完成。