迫害された信者が聖母や十字架を刻み込んで、ひそかに信仰したといわれる灯ろう。大野市下中野の通称大神宮に保存されている高さ1メートル20センチの織部形灯ろうにも聖母と思われる約30センチの像がある。