伊藤家は代々庄屋を務めた旧家で、庭園は10代当主で医業を営む助左衛門が江戸中期に流布した庭園図本を基に作庭した約500平方メートルの「座観式林泉庭園」。1932年に国の名勝に指定された。南越前町瀬戸。

関連記事
あわせて読みたい