旧三国市街、特に川沿いに建つ家々の内部に見られる笏谷石を敷き詰めた通路。間口が狭く、長屋のような家が多く、かつて廻船業で栄えた問屋は、この通り庭を通じて積み荷を表玄関へ運んだ。