鯖江市内を流れる川。名前の由来は、織田信長による一揆討伐の際、市内の長泉寺(現在の長泉寺町付近)も兵火に遭い、多数の兵が殺され、その血が川を黒く染めたことから付いたといわれる。