戦国武将、柴田義宣監物が滝波川を挟んだ谷城を攻め、橋を架ける約束で村人から攻略方法を聞き出した。幕府領後も壊れるとすぐ架け替えられ、将軍家が架ける橋という意味で天下橋と呼ばれた。勝山市北谷町中尾。

関連記事
あわせて読みたい