文豪、魯迅が仙台で勉学中、あわら市出身の恩師、藤野厳九郎から添削を受けたノート。恩師の赤ペンが、学生だった魯迅を励ました。2006年2月に北京魯迅博物館から複製本が県に寄贈された。

関連記事
あわせて読みたい