刻みたばこは江戸時代初期から勝山藩の特産品。幕末から明治にかけ耕作地拡大で発展した。特に「鬼ごろし」は安いうえに辛みが強く人気を博した。1904年専売法の実施で業者は廃業した。

関連記事
あわせて読みたい