若狭町相田集落の丘陵にある古墳時代後期の円墳3基。横穴式石室を備える。昭和48年に発掘調査され、須恵器(すえき)の杯や土師器(はじき)の壷(つぼ)、直刀など多数の遺物が確認された。