日本海を発達した低気圧が通過する際、暖かい南風と降雨で積雪が一気に解け発生する洪水。春先に多いが、県内では真冬でも発生することがある。近年はダム建設で起きにくくなった。