「日本書記」継体天皇即位前紀に、継体天皇の母、振媛(ふりひめ)の居住地として「三国坂中井(みくにさかない)」の名がある。また「釈日本紀」には「三国坂井県」とも記され、今の坂井郡や坂井市につながる。

関連記事
あわせて読みたい