継体天皇の母。越前国坂井郡の豪族の娘とされ、近江高嶋郡三尾にいた彦主人王に嫁いだ。しかし夫が若くして没したため、郷里に帰り、幼君の男大迹(おおと)、後の継体天皇を育てたという。