1908―1934年。坂井市丸岡町生まれの作曲家。名曲「ペチカ」をはじめ260の曲を書き残しながら、肺結核を患い、25歳の若さで病死した。1933年には第2回日本音楽コンクールで1位に輝いた。