親鸞聖人が楊枝(ようじ)を庭に刺し、「この後仏法繁昌するならば、芽出栄えるであろう」と祈念。言葉通り芽が出ため、その後人々がお堂を建て親鸞信仰の場となった。坂井市春江町寄安。