大野に土地を与えられた織田信長の家臣、金森長近が1582年に築いたとされる。本丸の石垣は自然石を積んでいく野面積み。1775年の大火で焼失したが、1968年に再興した。