樹齢600年以上。継体天皇となった男大迹王が愛する照日の前に形見として残したものとも伝えられ、その後次第に色が薄くなったため命名された。県の天然記念物。越前市粟田部町。