1739―86年。江戸時代の小浜藩医。刑死者の解剖を見学して蘭医学の優秀さを知り、杉田玄白、前野良沢とオランダ語の解剖書「ターヘルアナトミア」の翻訳本「解体新書」を出した。