継体天皇の第一皇子、勾大兄皇子(まがりのおうえのおうじ)、後の安閑天皇が誕生した地とされ、名付けられたと伝わる。継体天皇が月見の際に腰掛けたといわれる「月見石」も残る。越前市上真柄町。

関連記事
あわせて読みたい