継体天皇の2人の皇子、第27代安閑天皇、第28代宣化天皇が誕生した際に、産湯につかったとの言い伝えが残されている。現在の玉垣は継体天皇1300年祭を記念し再建造営。越前市粟田部町。

関連記事
あわせて読みたい