1909―86年。25年、敦賀商初の甲子園出場チームで一塁手。明治大から阪神に入団し、強打で活躍した。助監督、監督を経て出征。戦後は阪神や大映の監督を務めた。78年に本県初の野球殿堂入り。