大野市の真名川上流の岐阜県境近く。標高1454メートル。山腹にミズバショウの群生地があり、登山口にはブナの原生林が広がる。山頂近くの洞穴に山姥(やまんば)が住んでいたという伝説が残る。