標高1440メートル。大野市の南西。「げなんぽ」と読むが、「ぎんなんぽう」「ぎなんぽう」とも呼ばれ、「銀椀峰」「宜南峰」「銀南峰」などの異名を持つ。銀が採掘されたことに由来すると考えられている。

関連記事
あわせて読みたい