永仁2(1294)年日蓮の孫に当たる日像によって建立された。日蓮宗では越前最古の寺で、北国の見延山とも呼ばれている。本堂をはじめ宝蔵、五重塔、鐘楼堂などが老杉に囲まれている。南越前町西大道。