勝山市北郷。金、銀、銅、鉛などの採掘が江戸時代末期から始まった。良質な銅があることから、1906年に大掛かりな事業に着手。しかし鉱脈が深くなり、コストが掛かるため1962年に終了した。