1866年、現在の越前市天王町生まれ。帝国医科大(現東大)を経て欧州で外科、皮膚病学などを学び帰国後母校で教授、医学博士。1899年、日本皮膚病学会会長に就任。武生郷友会も創設した。