あわら市細呂木は昔、北陸街道の要路として、吉崎まいりや旅人の往来でにぎわった。古くは「保曽呂伎」「細呂枳」の表記も残り、越前から加賀へ抜ける道が谷間の細長い地形が由来という。